京都マラソン前日輸送

 待望の当選だったというのに、あす18日の京都マラソンは全くの練習不足で臨むことになってしまいました。30キロ走はできずじまい、どころか2月に走ったのは10日に21キロ、11日に15キロだけ。そもそも1月21日の「ちよだ利根川おもてなしマラソン」以降、走ったのはこの2日だけしかありません。
 悔やんでも仕方ないので、開き直って太田を出発。東京駅構内の「果実園」でミックスベリーパンケーキをいただき、顔なじみの店員さんたちから励ましを受けて京都行きの新幹線へ。ゼッケン受け取り会場の「みやこめっせ」には13時頃に到着しました。
 手続きはスムーズに進み、「おもてなし屋台でお昼でも」と思ったら満席だったので断念。地下鉄東山駅近くの喫茶店に「焼き飯」と上方らしいメニューがあったので、ミックスジュースと一緒に注文しました。率直に言って、失敗感がありました。
 平昌五輪男子フィギュアスケートで金メダルに輝いた羽生結弦選手のフリー演技をテレビで放映しているのに、周囲の女性客のほとんどはタブレットかスマホでワンセグ観戦。演技終了後の歓声が背後から聞こえて初めて、店内にテレビがあることに気付く人もいて、何となくネット時代を感じさせられました。
 宿泊は大阪府高槻市のホテル。京都は高いし、大阪だと遠い。高槻ならスタート会場の西京極総合運動公園にも近いし穴場だろうと狙ったのですが、これは当たりでした。泊まったワークホテル高槻の別館にはスーパー銭湯「天神の湯」があり、宿泊客は500円で利用できるのです。
 14年前の在阪当時、高槻市郊外の「祥風苑」というスーパー銭湯に時々行ったものでした。そんなことを思い出しつつ、それなりに長湯をして、夕食は外をぶらついて目に入った「とんかつ頑固」で。「がんこ寿司」の姉妹店というか、店の奥でつながっていたりしますが、アルバイト?の若い女性が美人でびっくり。大阪では時々あることですが、「どうしてこんなにきれいな子が地味な店で(失礼!)働いてるんだろう」と思ってしまいました。ついつい味噌汁を豚汁にグレードアップしてしまったのでした。
 今回、スマホの充電器とケーブルを忘れてしまい、ホテルで近所に家電量販店がないか尋ねると、「隣のダイソーにあるかもしれません」と教えてくれた。ケーブルを一つ買い間違えてしまったけど、100円だからいいかと買い直す。

[PR]
by maruyamamasaki | 2018-02-17 21:17 | 大阪府


<< 京都マラソン 第69回正倉院展 >>