<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第4回大阪マラソン

 予想されていた通り夏日に近い暑さにやられ、過去2回と違って厳しい結果となってしまいました。
 朝5時に起床。酔って3時間ぐらいはグーッと眠っても、その後は昂ぶりもあって寝付けないのはいつものことなので、気にはせず。バッテラ1本とは結構な量ですが、9時のスタート時には消化されているだろうし、当日カーボローディングとして、こんなにいい手はありません。
 スタート会場最寄の大阪城公園駅は大混雑。去年もそうだったのをすっかり忘れていました。先週のちばアクアラインマラソンと同じく、アミノバイタルプロを4本、塩熱サプリ4個、コムレケア1本などをポケットに入れてスタート準備。スタートラインを越えたのは、号砲から約12分後でした。
 先週の疲れや今日の暑さを考えて、5キロ33分ペースで30キロまで行き、その後は昨年並みにペースアップすれば4時間35分以内は可能と踏んでいました。前提はよかったのですが、対策が甘かったと知ったのはその30キロ過ぎだったのですが…。
 序盤10キロぐらいまでは右太腿裏に張りが残っている感じでしたが、徐々に忘れ、20キロ通過は予定より1分速かったくらい。視線を下げたフォームを意識したせいで、大阪の街並みはいつもほど楽しめませんでした。通天閣もつい見落としちゃったし。今年は給水所のスポーツドリンクがアミノバリューからアクエリアスに変わっていたのは気になったものの、こちらは5キロごとに塩熱サプリやアミノバイタルプロを補給しているから大丈夫と思っていました。
 GPS腕時計が途中で狂ってしまったのも誤算でした。俺が1キロ3分半で走れっこないだろ!高速道路などの陰に入ってGPS衛星からの電波をキャッチできなくなる時間があったせいのようですが…。
 大阪マラソンのおかげで最もイメージが良くなったのは、間違いなく玉出地区のある「西成区」でしょう。27キロ過ぎからの直線3キロでの声援には、いつも力をもらっています。もちろん、ほかの地区での応援もありがたさは一緒ですけど、街のイメージアップにつながったのは西成区が一番でしょう。
 しかしながら、この玉出地区を駆け抜けた辺りで、過去2回には全くなかった「いっぱい」感が隠せなくなってきました。ここまで想定ペースをほぼ守ったものの、ペースアップどころじゃなくなっていたのです。
 歩いたり走ったりを繰り返してのんびりとゴールを目指す手は考えませんでした。帰りの飛行機を予約した時、間違って16時発にしてしまったため、意地でも14時前にはゴールインしたかったのです。しかし…。
 一歩間違えれば脚はつりそうになっているし、止まれば筋肉が固まっちゃうので止まれません。32キロ過ぎの「まいどエイド」でも、あれほどおいしいと思っていたのり巻や稲荷寿司がそれほどおいしく感じなかったほどなので、いくらか熱中症になりかけの状態だったのかもしれません。
 走るのは辛いけど、歩くともっと辛くなるのがわかるから、しょうがなく走る。37キロ過ぎには最大の難所「南港大橋」が待ち構えているから、せめてあそこだけは見栄で走りたい。「先週の清見台に比べればかわいいもんだぜ」と自分に言い聞かせて上り切り、下りは脚がつらないよう「ゆっくりとゆっくりと、ゆっくりと下らなければいけません」と、杉本節を思い出しながら下って乗り切ったものの、残りはまだ4キロもある。
 日陰がないんだよね~、この先。去年はちょうど曇り出してたからよかったけど、今年は雲ひとつない晴れ。40キロ過ぎのマンション横にある坂とも言えないほどの坂がきつくてたまらない。考えることと言ったら「あそこまで行ったら歩こう」ばかり。その「あそこ」に達したら、次の「あそこまで」になり、フィニッシュゲートが見えてきた時、号砲から5時間までのカウントダウンが始まっていました。とてもじゃないけどダッシュなんかできる余力はなく、グロス5時間28秒でゴールイン。ネット(=スタートラインを越えてからフィニッシュまで)では4時間48分10秒でした。去年より8分44秒遅れでした。
a0010524_1385654.jpg

 会場を後にする頃は「6時間」のカウントダウンをやっていました。
[PR]
by maruyamamasaki | 2014-10-26 22:31 | 大阪市

またしても飛行機を逃す

 フィニッシュしたのは14時ですから、30分で着替えなどを済ませて会場を後にすれば、16時発の飛行機には間に合います。
 しかし、今回ばかりはとてもそんな気が湧きませんでした。歩いているのが精一杯だったし、手荷物がずっしりと重く感じて更衣スペースに向かうのに所々で休む始末。着替えるのに脱いだシューズを履き直そうとすると、こむら返りが起きそうになるし。
 それにしても、大阪マラソンは3回とも飛行機難だな~。おととしは帰りが乗り遅れ、去年は行きが台風襲来で新幹線に変更、そして今年は予約ミス。
 どうにか着替えて地下鉄・コスモスクエア駅へ。座れたのはありがたかった。新大阪駅に向かい、新幹線で帰京する。1人だからつい2席側の席を予約してしまったけど、くたびれている時は3席側を指定するべきだったと後で後悔しました。いざ乗ってみたら、隣がデブのおっさんで窮屈だったのです。
 肝心の菊花賞も対抗馬が4着で、これが3着に入ってさえいれば新幹線代ぐらいは出たのにと、地団駄を踏む思い。
 フェイスブックを見ると、大阪マラソンに出場した走友2人も、やはり暑さにやられていました。この2人は僕よりもずっと速いのですが、いずれもベストタイムより30分以上かかっていたというのです。
 僕はといえば、ベストタイムからは9分弱の遅れ。本来なら走力の低い僕の方が悪条件はより響くはず。とすると、タイムは悪いしヘトヘトだったけど、条件さえ良ければ目標の4時間半切りは遠からず実現できるレベルにはなっているのかもしれません。
 いい気なもんだと我ながら思いますが、抽選が突破できれば「来年こそは!」です。
[PR]
by maruyamamasaki | 2014-10-26 21:48 | 大阪市

1年ぶりの謝罪

 昨年の大阪マラソン前々日の晩、在阪当時の職場の先輩にご馳走になり、いい気分になった勢いでホワイティ梅田にある「まるしげ」というお菓子屋さんで「呼吸チョコ」という面妖な名前のチョコレートのセットを職場のお土産に買いました。
 名前につられた「シャレ」のつもりだったのですが、これが「すごくおいしい!」と爆発的な好評で、「出向期間が長いと、さすがに人の知らない良いものを知っている」とまで株を上げてしまったのです。
 実はこの時、店のレジの打ち間違えで、支払額が小袋一つ分250円少なかったのです。レシートを見て気付いたのは帰ってからだったので、何かの機会で大阪に行ったら、店に寄って差額を払おうと思いつつ…。
 何かの機会は結局、今年の大阪マラソンまでなかったのでした。
 で、大阪マラソンのゼッケン受け取り前、ホワイティ梅田の「まるしげ」に寄り、今年も呼吸チョコを買った後、店の人の訳を話すと、「店長に相談してきます」と店の奥に。
 たぶん、典型的な大阪のおっちゃん風の人が出てくるのかと思ったら、榮倉奈々が30歳代になって芸能人を辞めたらこんな感じだろうといった雰囲気の女性が出てきて、「もう1年も前のことですし、こちらの打ち間違いが原因なのに、わざわざおっしゃってくれて、とてもうれしいです」と、支払いはご勘弁してもらえることになりました。
 悪い事しちゃったな~という思いは拭えないものの、榮倉奈々風の店長さんのご厚意に甘えることに。
a0010524_1353735.jpg

 これが「呼吸チョコ」。北新地のクラブでは定番だそうですが、あいにく行ったことがなくて…。
[PR]
by maruyamamasaki | 2014-10-25 22:35 | 大阪市

大阪マラソン前夜祭

 ゼッケン受け取り会場のインテックス大阪へは、梅田から地下鉄とニュートラムを乗り継ぎ、最寄駅の中埠頭駅まで30分程度で到着。ゼッケンや参加賞の受け取りはスムーズで、その流れのまま「大阪マラソンExpo」会場へ。
 去年は11時半頃には会場に到着していたので、各ブースをゆっくりと見られましたがl14時半過ぎの今回は、混雑のピークです。お目当ての試供品配布もほとんど終わっていました。
 ファイテンのブースでは、本来のお目当てであるランニング用ソックス「足王」が十分に揃っていました。ここで前にいたお客さんとブースの女性(気のせいか、ファイテンには素っピンに近い女性が多い)が話し込んでいました。
 「いや~、足王がこんなにあるの、初めて見た」「えぇ、多くのお客様がそうおっしゃいます。大阪マラソンExpo会場にならあるだとうと、それ目当てでお出でになったお客様もいらっしゃいました」
 え、そうなの。バナー広告で見て何となく良さそうだと思っていたけど、やっぱ人気商品なんだ。
 まさか、こんな所でサクラ商法でもないだろうけど、1足で十分なのに、つい2足買ってしまったのでした。
 会場を後にして、西中島南方の定宿「ホテルオークス」にチェックインし、早めに汗を落として、18時から「いとう」で恒例の前夜祭。大阪を去ってもう9年たったのに、当時の先輩方が集まってくださるのはうれしい限りです。職場で溜まった心の内を吐露しても聞いてくださるし、時に有用なヒントもくれるし。折しも日本シリーズ第1戦で阪神がリードすると、お客さんたちが大拍手。あぁ、大阪にいるんだって実感します。
 実は日中、マラソン当日の朝食用にバッテラを1本、持ち帰り用にお願いする電話を入れたのですが、「いい鯖が少ないから難しいかも」と厳しい返事。この辺りが「いとう」の大将の素晴らしい所で、こちらも諦めていたのですが、ちゃんと用意していてくれました。諸先輩を差し置いて「これは俺の物だ」とわがままを言ったのですが、みんなでいただく分もちゃんと作ってくれて、大満足です。
a0010524_12443111.jpg

 このバッテラを食べないと大阪マラソンは走れません(@いとう)
[PR]
by maruyamamasaki | 2014-10-25 21:55 | 大阪市