<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

この時期で梅を愛でられたとは

 在阪当時にお世話になったY先輩がいよいよ定年退職を迎えることになり、こじんまりとした卒業祝いをA先輩が企画してくれ、前日に仕事を終えた後に新幹線で大阪入りしました。
 泊まったのは、天満橋駅から徒歩10分弱の東横イン。かつて愛用したJR東海ツアーズの出張パックがなくなり、その代替商品であるシングルパックも、時間帯によって新幹線が割増料金になってしまうのでお得感が薄く、それならむしろエクスプレスカードで割安になる新幹線を予約し、「じゃらん」などでホテルを決めたほうがリーズナブルになるのです。
 東横インに決めたのはこうした経緯ですが、もっと大事だったのは大阪城に近いってこと。畏友tktaku氏の「大阪城梅林 梅だより」によれば、いつもの年ならとうに終わっている観梅シーズンが今年はまだもっているとのことだったので、ならば見物しない手はありません。卒業祝いの会は昼呑みだし、午前中はフリーですから。
 しかし、大阪入りした夜から強い雨。天気予報では23日の朝までは雨が残りそうといい、諦めムードで就寝したのに、起きてみたら晴れてるじゃないですか。ホテルでさっさと朝食を済ませ、9時過ぎにチェックアウトして大阪城梅林へ向かう。
 本当は、24日の佐倉マラソン(10km)に備えて大阪城の周りを軽くジョギングすることも考えていたものの、冷たい風が強かったので取りやめ。在阪当時は走ろうだなんて思ってもいなかったのにな~。
 梅林はさすがに見ごろは過ぎていたものの、遅咲きの豊後梅などはピークといってよく、春分を過ぎてなお、それなりの雰囲気を楽しめたのは幸運だったとしか言いようがありません。
 ひとしきり見物を終え、ぶらぶらと大阪城公園駅まで歩いて環状線で大阪駅へ。会場のニューミュンヘン本店へは地下街を抜けて歩いて行ったのですが、最寄りの出口から外へ出ようとしたら土砂降り。さっきまで晴れていたのに、たった10分ぐらいでこうも天気が変わってしまったのは驚きでした。
 肝心の卒業祝いの会は、開始時間を参加者の多くが勘違いしていたというハプニングはあったものの、そこはベテラン同士、始まってしまえば何事もなかったかのように楽しく過ごすことができました。
 故郷の高知へ帰るY先輩、その口車で高価なお土産をいただいてしまったH先輩、夕方から仕事というのにこの会を企画してくれたA先輩、それに大相撲春場所見物を差し置いて駆けつけてくれた別のAさん、東京組のT君ともども、お礼申し上げます。
[PR]
by maruyamamasaki | 2012-03-23 22:31 | 大阪市