<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

有馬温泉行

a0010524_16554091.jpg 12月12日(日)
 実のところ、今日の一日で御曹司(しつこいので、この後はE氏とします)をどこに案内したらいいのか、良いアイデアが浮かびませんでした。
 ところが、前日に駅の広告看板に「有馬温泉」の文字を見つけたE氏に「ここから時間かかるの?」と聞かれ、「1時間ちょっとかな」と答えると、E氏は「じゃ、行ってみたいな」と言い出したのです。
 月曜日も公休の僕と違い、E氏は仕事なので、夕方には帰京する新幹線を選んでおいたのですが、「遅くなっても構わない」のだそう。だったら、ということで僕としても久しぶりの有馬温泉へ。
 この時は、この判断が後で大きな意味を持ったことなどつゆ知らず、でしたけど。
 遅起きして、いったん梅田の「はがくれ」にE氏を連れて行ったものの、日曜日は休みで空振り。別のうどん屋でブランチとし、有馬・六甲周遊1dayパス(2500円)を買って阪急ー神戸市営地下鉄ー北神急行ー神戸電鉄と乗り継いで、有馬温泉へ。
 このパスでは「金の湯」か「銀の湯」のどちらかに無料で入れますが、「金の湯」は改装中のため、またもや空振り。温泉寺(=写真)を参拝したりしながら「銀の湯」に辿り着き、混雑をものともせずに中へ。
 湯はちょっと熱め。3分も浸かっているとかなり汗が出てきます。効能には「筋肉痛」も含まれており、ギックリ腰に悩まされるE氏には少しは気休めになったでしょうか。
 僕らの後にもどんどん来場者があり、ただでさえ狭い脱衣場はごった返すよう。温泉そのものよりも、脱衣場でかいた汗の方が多かったかもしれないと思うほどでした。
[PR]
by maruyamamasaki | 2010-12-12 22:52 | 神戸市

神戸ルミナリエ2010

 12月12日(日)
 銀の湯を出て、タダ券をもらった太閤の湯殿館(温泉寺境内)に入ってみました。率直に言って、お金(入場料200円)を払って入った人はかなり怒るんじゃないでしょうか。あの程度の展示で有料では誰も入らないだろうし、神戸市に事業仕分けがあったら即廃止判定じゃなかろうかと思われます。
 ノドがカラカラのため、お好み焼き屋さん(名前失念)に入ってビールを注文。客は手出しをしなくていい関西式のお好み焼きはE氏には珍しい様子でした。熱い鉄板の前、iPatで買った阪神ジュベナリルフィリーズの「鉄板」馬券は、残念ながら崩れてしまって惨敗を喫してしまった。若い女は気まぐれだ。(有馬の仇は有馬記念で)と、またくだらないことを思いついたけど、恥ずかしいので口にせず。
 前は天麩羅(=いわゆる薩摩揚げのこと)を売っている店がもっとあった覚えがあるのに、なかなか見つからない。駅に向かう途中でようやく見つけ、アナゴ天を頬張る。こうじゃないと、有馬温泉って気分が出ないんですよね〜。
a0010524_2161685.jpg
 再び三宮に戻ったのは17時半頃。ここまで来ていながら、ルミナリエ抜きで帰るのはやはりもったいない。といって、1時間も行列する気にもなれません。ここは三宮にいる利を生かし、東遊園地へ直行することでE氏を無理矢理引っ張っていくことに。フロントーネやガレリアを見ることさえ目をつぶれば、日曜日といえども待ちくたびれたりせずに済むのです。
 「1・17希望の灯り」前で手を合わせている人がおり、ルミナリエが観光と商売の行事にしか見えなかったE氏にも、わずかといえども鎮魂色が残っていることはわかってもらえたと思います。
a0010524_212148100.jpg

 神戸市役所24階からも見ることができ、これはこれで満足です。で、帰京すべく、新大阪駅に着いたのですが、新幹線の切符売り場は馬鹿に人が多いし、改札の近くでは駅員に指定席券の扱いについて質問しているグループもいました。
 そう、15時頃に一時運転見合わせとなった影響がまだ残っていたのです。結果的に、僕らは19時台ののぞみ自由席に隣り合って座ることができ、品川に定刻通り到着することができました。
 でも、もし指定席を取っていた14時台ののぞみに乗っていたら…。
 時間が時間だけに、1時間以上の遅れを強いられたのは間違いなく、そうしたら楽しい旅の雰囲気など吹っ飛んでしまったはず。
 それだけに、有馬温泉に行き、ビールを飲み、ルミナリエを見物してストレスもなく帰ることができたこと自体が、僥倖と思えてなりません。
[PR]
by maruyamamasaki | 2010-12-12 22:40 | 神戸市

ふぐ雑炊かバッテラか…涙の決断

 12月11日(土)
 勤務先の同期の仲良しに自称「信州の料亭の御曹司」がいます。かねてからこの御曹司が「大阪の旨いものを食べさせろ」とご所望で、今回ようやく都合がついて、オッサン道中と相成りました。
 上方旅行といえば、JR東海ツアーズのパック「いざ出張!大阪」が定番でしたが、何とこの春になくなってしまったとのこと。今年のGWに上洛した時は、このパックが使えないためハナから利用しておらず、今頃になってようやく気づかされた次第。
 大ショックですが、似たような「1泊シングルプラン」を使うことに。基本料金はあまり変わりませんが、こちらは新幹線に乗る時間によっては料金が高くなる仕組みだし、ドリンク引換券はありません。そのかわり、出張プランでは使えなかった「のぞみ」はOKです。セコいことながら、基本料金で収まる出発時間で設定。
 新大阪には14時頃に到着。御曹司ご所望の「てっさ+てっちり」は、毎度お世話になっている南方の「いとう」さんを予約しておき、それまでは中之島辺りをブラブラして時間をつぶす。肝心の「適塾」が改修工事のために入れなかったのは痛かった。
 18時、「いとう」に御曹司をご案内する。友人とはいえ評価の厳しい客を連れて来るのは少々緊張するものですが、そこは名手たる当店の大将のお仕事、味・量とも御曹司に満足させることができました。僕もここでてっちりを楽しむのは在阪当時以来で、十分に堪能いたししました。
 しかしながら、大問題なのは仕上げをどうするか、です。ここでバッテラを食べずに一年を終えるのはショックだし、かといって目の前にある滋味にあふれた鍋を雑炊にして味わえるのも、この機を逃すと次はいつだかわかりません。つらい選択でしたが、涙を飲んで今日はバッテラを断念し、雑炊をいただくことに。さっぱりと仕上げてくれた雑炊を、御曹司ともども、鍋の底をなめるが如くきれいに食べたのでした。
a0010524_16494240.jpg
 何の芸もない、淀屋橋近辺の写真
[PR]
by maruyamamasaki | 2010-12-11 23:03 | 大阪市