<   2005年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

みんぱく映画会

 2月26日(土)
 だいたい月末の土曜日に、国立民族学博物館で開かれている映画会に、初めて出かけてみた。当然のことながら記録映画で、劇場などで観られることはまずないので、関心があれば貴重な機会です。無料という点も見逃せません。
 今回は「行きかう旅人」という、フランスのジプシーであるマヌーシュ族の生活を取り上げた映画でした。ジプシー自体ははるか昔、スペインで見たことがありますが、どういう歴史背景があるのかなどは、全く知りません。
 この映画を作り、実際にマヌーシュ族と起居を共にしていた同博物館の大森康宏教授による解説の後、約1時間半の映画を上映。今のジプシーたるや、家馬車をほとんど使わなくなり、キャンピングカーが主な移動手段になっています。しかも車はメルセデス!
 柳を使った篭やレースを作っては売る生活で、しかも映画で見る限り、スーパーの駐車場で篭を売ろうとしても商売ははかばかしくなさそうだったのに、どうして車まで買えたのか不思議な気もします。補足資料によれば、収穫期の農園などで働くこともあるようですが。
 経済面で統合に向かっているヨーロッパで、ジプシーもだんだん暮らしにくくなっているようでした。「日本の国際化がもっと進んだ将来、定住者国家と共存関係を保ってきたジプシーの知恵に学ぶ点は大いにある」とは大森教授の言。
 映画はただでも、民博にたどり着くには万博記念公園の入場料250円がかかります。素通りだけではもったいないので、梅林を見物。大阪万博から35周年を記念して、35種を新規導入する力の入れようで、いずれは国内で最も種類の多い梅林を目指すとか。
a0010524_0532225.jpg
   世界でも万博記念公園の梅林にしかないという「桃山」(2005年導入種)
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-02-27 00:56 | 大阪府

通り抜け参拝

a0010524_2146254.jpg 2月25日(金)
 今日は道真公の命日。泊まり明けの足で京都・北野天満宮で行われる梅花祭に行くつもりだったのが、自宅で一休みしてしまったのがいけなかった。狭い部屋でも、ゴロっとしちゃうと、いっぺんに外出意欲が失せてしまうのです。
 「もう来年はないんだぞ」「でも込んでる所にわざわざ行くこともないし」と、くだらない逡巡の挙げ句、「同じ天神様なんだし」と、初詣と同じ理屈で大阪天満宮に行くことに。
 27日までの盆梅展(入場料500円)の時にしか近くで見られない、元禄時代の御迎人形を見る以外、これといった行事はなかったのですが、この日の午後2−3時のみの「通り抜け参拝」の様子を眺めることができました。本殿東の登龍門から入って参拝し、西の登龍門(=写真)へ通り抜けるんだそうで、受験生の親らしき人が「難関通り抜け」を祈願していました。
 祈祷料(というのかな?)は、お守り代込みで3000円とか。
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-02-26 22:17 | 大阪市

司馬遼太郎「義経」

 a0010524_20233379.jpg 2月24日(木)
 大河ドラマの原作は宮尾登美子さんですが、似たようなもんだろうと、まだ読んでいなかった司馬作品の方を手にした。尻切れとんぼ的というか、書くのが面倒になって急いで終わらせたといった雰囲気の、珍しい作品です。
 この「義経」は文春文庫の新装版で、最初に出たのがいつなのか不明(1968年以前らしい)なので、なぜこのような終わり方をしているのかはわかりません。見当外れを承知で、一読しての推測を言えば、頼朝の人物像が微妙にずれていて、作品が進んでいくほどにそのずれをカバーしきれなくなった感じです。
 角さんが中曽根康弘氏を自民党総裁に推した時、「あんなオンボロ御輿を何で担ぐんだ」と閥内から不満が出ると、「オンボロ御輿だからいつでも放り出せる」と押し切ったとのこと。司馬氏の頼朝像は「オンボロ御輿」に通じるものがあります。しかし、頼朝を純然たる「オンボロ御輿」とせずに描いたことで、収拾がつかなくなった感が強かったです。
 東国武士に担がれただけのオンボロ御輿ゆえに、しっかり固めておくべき身内も切らなければならなかったという、わかりやすい頼朝像であれば、義経の後半生を描き続けられたのではないかと勝手な想像を膨らませてしまった次第。実情はてんで違うんでしょうけどね。
(大阪天満宮所蔵の御迎人形「鬼若丸」=弁慶の幼名。実物を見られるのは27日までの盆梅展のみ)
 
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-02-26 11:36 | 関西の小説と映画

生駒時計店

a0010524_2152455.jpg 2月23日(水)
 泊まり明けの日は前日からどこへ行こうか考えるのに、休日となると我ながら無計画すぎて、空しく時間を過ごすことの繰り返しです。
 春一番が吹いた今日も、陽気はいいのに行きたい所が思いつかず、昼過ぎから大阪城梅林へ散歩と、毎度のパターンに。しかし、我が畏友の勧める通り、何度来ても清々しい気分になります。僕にとってはこの春が最後でしょうから、味わえるうちに味わっておかないと。
 散歩の帰り道は、北浜のモダン建築を見物に。寄り道をしているうちに、遙か南の堺筋本町に出てしまい、そこから北上して生駒ビルヂング(登録文化財)1Fの喫茶店で一休み。
 この写真だとわかりにくいのですが、ビル左端屋上の時計塔の下に細長い出窓が続き、2階に丸窓があります。時計塔全体で振り子時計を表しており、なかなか洒落っ気が溢れています。この優れたデザインを確かめるのは、街路樹の葉が落ちている今の時期がベストでしょう。
a0010524_21533585.jpg
    花びらを透かして通す日の強さに、春の歩みを知る(鶯宿@大阪城梅林)
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-02-23 22:09 | 大阪市

紛失ポイントの復活

 2月22日(火)
 昨年4月、不注意で財布をなくしました。とある場所に置き忘れ、気が付いたときにはそこにはなかったことから、盗難だと思っています。
 キャッシュカードやクレジットカードはすぐに停止処理をして被害ゼロ。いくばくかの現金と、ヨドバシカメラのポイントを失ったのでした。
 ヨドバシカメラにも事情を説明して、ポイントカードの再発行を依頼したのですが、なぜか船橋当時の住所や電話番号で検索してもらっても「該当なし」となってしまい、結局、新しいカードを発行してもらうことに。ポイントカードなんて、使うのに本人確認するものでもないから、当然、使われてしまっただろうと諦めていました。
 正月に船橋のマンションに立ち寄った際、前のポイントカードの番号が入ったレシートを発見。ダメもとで今日、ヨドバシカメラに持っていき、「前のカードのポイントがどうなってるか、調べてください」と頼むと、「前のカードのポイントが今も有効なら、30分ぐらいで今のポイントカードに加算しておきます」との返事。
a0010524_20515584.jpg その間、これといった目当てもなく店内を冷やかしていると、京セラのデジカメが19800円で売られているのを発見。3か月前にソフマップで見た時は、3−4万円はしていたので、即ゲットと相成ってしまったのでした。ここでポイントカードを出してみると、前のポイントも残っていたようで、5000ポイントぐらい加算されていました。めでたしめでたし。
 京セラのデジカメ(Finecam M400R)ですが、生産中止になったために、こんな破格値で売られているようで、ヨドバシカメラ梅田店への入荷は明日が最後とのこと。400万画素、光学10倍ズーム、乾電池使用OK、メモリーカード残量いっぱいまで連写可能といった機能を考えれば、型落ち品ながらいい買い物ではなかろうかと思います。
(枝垂れ系の梅も開花が進行中@大阪城梅林)
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-02-22 23:18

列車事故のあおりで

 2月21日(月)
 雪の積もった天守閣を見たいと、またしても酔狂なことを思いついた。前夜の冷え込み具合と天気予報から、福知山城なら行けるとみて、泊まり明けで大阪駅に直行。10時26分発の電車に乗り、お昼過ぎには福知山駅に到着・・・。
 となるはずが、新三田駅に着く直前、「前の電車が車と衝突した事故の影響で、下り線は手配がつき次第、バスで代行輸送となります」と、車内アナウンス。そこまでして行くほどの熱意でもなかったので、さっさと諦めて大阪に引き返したのでした。
 かと言って、そのまま帰るのも癪だったので、ついでに高槻まで行き、評判のスーパー銭湯「祥風苑」で一風呂浴びることに。入浴料800円。
 大阪と京都のほぼ中間にある、そこそこ大きな町から車で10分程度の所で温泉が湧いていること自体、「ホントかよ」と思っていたのですが、入ってみればまさしく温泉。日中の気温が6度くらいだから、露天風呂に行くのは相当寒かったのですが、しばらく浸かっていれば汗が滲み出し、冷たい風が心地よかったほど。
 わが家から電車一本、30分程度の場所に、こんなコストパフォーマンスのいい温泉施設があったとは。東京へ戻ってからそうと知ったら、かなり後悔しただろうと思います。
a0010524_21453527.jpg
 祥風苑前に止まっている青いボンネットバスは無料で高槻駅まで送迎してくれます
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-02-21 21:47 | 大阪府

サービス

 2月18日(金)
 大阪城の梅林が七分咲きとなり、千葉から両親を見物に呼んだ。75歳の父は、平坦な道を歩くのは苦にならないものの、地下鉄などでの階段の上り下りは本人も意外なほどこたえたらしい。大阪城の天守閣に入っておきながら、エレベーターが5階までしか昇らず、8階の展望台までと、下りは歩きだと知ると、「きついからやめとく」と言い出した。
 すると、エレベーターの整理係の人が、「足の悪い方は特別に8階までお連れしますし、下りもボタンを押していただければお迎えします」と囁いてくれた。お言葉に甘え、僕も初めて8階までエレベーターで昇り降りすることができた。
 本来は車いすの方や障害のある方向けのサービスだったので、いささか心苦しかったのですが、おかげさまで両親も天守閣からの素晴らしい眺めを楽しむことができました。この場を借りてお礼申し上げます。
a0010524_23281447.jpg
       天守閣から見た今日の梅林。所々で目立つ濃い赤は鹿児島紅など
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-02-18 23:31 | 大阪市

湖北の珍味

 2月14日(月)
 長浜から再び琵琶湖一周に出発したのは午後3時過ぎ。本当はもっとゆっくり見物したかったのですが、長浜のさらに北にある木之本町に立ち寄りたかったのです。
 お目当ては、この町の「つるや」というパン屋さんで売っている「サラダパン」。正月に帰省した時、TBS「噂の東京マガジン」で見て、何かの機会で近くに行ったら買ってみようと思っていたのが実現した次第です。地元を別にすれば、サラダパンの知名度はたぶん関東の方が関西より高いでしょう。
 マーガリンとマヨネーズを塗って刻んだ沢庵を挟んだコッペパン、というのがサラダパンの正体。どうしてまたこういう組み合わせを思いついたのか、不思議ですが、想像とは違ってあまり違和感はありません。絶品、とかいうものではないですけどね。
 「つるや」のパンは多くが1個105円(サラダパンも)で、これはなかなか良心的な価格だと思います。20分程度の滞在ながら、木之本の町並みも観光ずれしてない魅力があって、ここもまた再訪する機会があれば来てみたい所です。琵琶湖一周も順調に進み、帰阪は午後6時半ごろでした。
a0010524_22473371.jpg
 サラダパンともう一つの珍味「鮒ずし」。試食にありがたい小パックは1050円也
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-02-18 22:50 | 滋賀県

長浜盆梅展

a0010524_19533126.jpg 2月14日(月)
 盆梅とは、読んで字の如く、梅の盆栽のこと。長浜駅から南へ徒歩3分の慶雲館を会場に開かれている長浜盆梅展は、今年で54回目を迎え、質量とも日本一を自負しています。
 盆栽といっても、写真のように、ほとんどは一人じゃとても持ち抱えることはできない大きさ。鉢の直径が1メートル、木の高さ2・5メートルなんてのがあります。中には推定樹齢400年と、知らない者にとっては驚異的な鉢植えもあります。
 梅の香りは、梅林でも結構、素晴らしいのですが、室内だと濃厚過ぎて、もう酔ってしまうような感じです。
 (後ろの掛け軸は堀口大学の書)
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-02-15 20:55 | 滋賀県

福田大観とは

 2月14日(月)
 長浜では3月13日まで盆梅展が開かれています。盆梅展のほか長浜城など4か所の観光施設を含めたセット券を、長浜駅前などで1000円で発売中。本来の合計額は2000円ですから結構お得、貧乏性の僕は即ゲットしました。
 セット券を買ったが故に入ったのが、北国街道沿いの「黒壁スクエア」の一角にある旧家「安藤家」。秀吉が長浜城主だった当時、町の自治を委ねた十人衆に選ばれて以来、代々町衆として活躍した家で、この旧宅は1905年に建てられたとのこと。
 べんがら格子、虫籠窓などが施され、部屋ごとに書やら掛け軸やら飾られています。たぶん大したものなんだろう程度にしか思わぬまま奥に進むと、「小蘭亭」なる離れがあって、ここでは女性が襖絵の由来などを説明してくれます。
 途中から聞いたのでよくわからなかったのですが、襖絵や天井画は「福田大観」なる人の手によるもの。変な中国趣味だとしか思えなかったのに、先にいた爺さんたちは妙に感心しており、僕の知らない福田大観氏のこともよく知っている様子でした。
 後で安藤家のパンフレットを読むと、福田大観とは後の北大路魯山人のこと。大正2年、30歳のころから食客として安藤家などに逗留し、これらの作品を残したとの話でした。小蘭亭の公開は2月20日までで、偶然、見られたのは幸運でした。
a0010524_114857.jpg
 安藤家の小蘭亭。部屋の奥に見える襖絵が「福田大観」こと北大路魯山人の作
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-02-15 11:09 | 滋賀県