<   2004年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

旧甲子園ホテル

a0010524_1919286.jpg 11月27日(土)
 今日で来阪以来、365日目。今年は閏年だから366日目か。ともかく1年がたったこの日、ニフティのFBUNKAの世話人だったM氏のお誘いで、武庫川女子大学生活美学研究所の秋季シンポジウム「F.L.ライトと甲子園ホテル」に出かけた。
 会場の同大学上甲子園キャンパス、甲子園会館は、ライトの愛弟子・遠藤新が設計を手がけ、戦前は「東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル」と並び称された建物。M氏が「年に一度はこの空間を味わっておきたい」というほどの立派な建築ですが、恥ずかしながら小生、全くその存在を知らなかったのでした。
 褐色のタイルを積み上げた左右対称の重厚な外観もさることながら、中にいるのが何とも快適です。建物の価値は誰が設計したからではなく、そこに行くとどう楽しいかで決まることを、つくづく考えさせられます。ここを知らずに関西を後にしていたら、相当後悔したでしょう。シンポジウムは、泊まり明けだったのと、居心地のよさで、所々眠ってしまったのでした。
 (写真は屋上から見た夕陽。案外、全景を撮るのが難しく、またの日の課題に)
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-11-28 19:51 | 兵庫県

木枯らしの夜

a0010524_19105360.jpg 11月26日(金)
 午前2時前、仕事を終えていつものごとく反省会に向かうと、相当強い風が吹いていたようで、会社の前の歩道は落ちた銀杏でいっぱい。
 つい、その上を歩いちゃったので、あの臭いが靴底についてしまって・・・。
 お店には悪いことをしました。
 (写真は、翌朝の野崎公園に広がっていた銀杏)
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-11-28 19:17 | 大阪市

偶然

a0010524_23353338.jpg 11月24日(水)
 昼前から天王寺の放送大学学習センターへ。レポート(中間テストみたいなもんです)が来月2日必着というのに、後期に選んだ科目の一つはまだ一度も見ていない体たらく。5時間近くぶっ通しで6回分のビデオを見たのでした。
 夕闇のJR森ノ宮駅から大阪城の東側を回り、1時間ちょっとをかけて徒歩で帰宅。それから読んだ読売新聞夕刊で、鶴見俊輔先生が「大佛次郎作品を77年にわたって愛読し、今年も新たに読んだ作品で目を開かれた」とコラムを書いていました。「激流」という、若き日の渋沢栄一を描いた一冊だそうです。
 たまたま自分で渋沢栄一に関する本を読んだばかりの時に、こういうコラムを目にするとたまげますね。即、市立図書館でネット予約しました。

 (写真は紅葉@坂本・穴太衆石積みの道)
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-11-24 23:40

神農さん 

a0010524_16552781.jpg 11月23日(火)
 大阪・北浜の一角にある道修町(どしょうまち)は、江戸時代には薬種問屋が集まり、今も薬品会社が軒を並べています。少彦名(すくなひこな)神社は、道修町の片隅にひっそりと佇む小さな社。日本の薬祖神である少彦名命(すくなひこなのみこと)とともに、中国で医薬の神様である神農氏(しんのうし)をお祀りしているとのこと。
 製薬会社のサラリーマンらしき人たちが、ここの前を通る時に神社に一礼していく姿が目立ち、信心深い一面を垣間見る思いがします。
 きのうと今日は、神農祭で賑わっていました。各製薬会社が自社製品の空き箱を吊した笹飾り(=写真)が道端に並んでいるのは、さすがというかご愛敬というべきか。祝日の今日はお参りするのも一苦労。何しろ、参道は2人ぐらいしか並べないほど狭いので、道修町の交差点から100m近くは行列ができていました。
 大阪の祭りは1月の十日戎に始まり、この神農祭で終わるため、「とめの祭り」としても有名。この神社のシンボルである「張り子の虎」を飾った笹が縁起物なのですが、何と2000円もします。しかし、これを買い求める人が結構いるんですな。
 「商売繁盛、笹持って来ーい」のかけ声で知られる十日戎の笹飾りだって、1000円以上はするだろうし、ここの笹と両方買い求めるのが当たり前という家庭も多いはず。大阪の家計は、縁起担ぎの出費がかなりの額に上るんじゃないでしょうか。 
a0010524_1729457.jpg
 張り子の虎の笹飾りを買うと、巫女さんが鈴を振りながら無病息災を念じてくれる
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-11-23 17:31 | 大阪市

坂本・比叡山行

 11月21日(日)
 当方の都合で延期した盟友tk氏との坂本・比叡山行がようやく実現。朝8時15分の大阪駅発新快速で一路、湖西線比叡山坂本駅に向かい、9時ごろには到着した。ちょうど「紅葉のさかもと 石積みの里めぐり」という観光イベントをやっており(23日まで)、駅前で寺社の拝観料割引券をもらって、坂本の街へ。
 僕は坂本についての予備知識ゼロで出かけたのですが、延暦寺の門前町として栄えただけあって、驚くほど由緒ある寺社が集まっています。その割に、観光客はこの時期、みんな京都に行ってしまうので、混雑もほどほどと、見物する側には実に都合のいい状況でした。
 できたばかりで仮公開していた公人(くにん)屋敷(旧岡本邸)を見学した後、滋賀院門跡へ。いずれも写真撮影自由で、うれしい限り。公人屋敷も見事な保存状態ですが、滋賀院門跡ときたら、延暦寺の宝物が触れるような状態で展示されているうえ、小堀遠州作の庭園などもあり、見学者への説明も実に丁寧です。この段階で64枚撮れるデジカメのメモリーカードがかなり一杯になってしまったほどで、ここだけを目当てに再訪したいくらい。
 紅葉は5分程度。旧竹林院などを見て、鶴喜そばで早めの昼食を摂った後、日吉大社へ。さらに坂本ケーブルで延暦寺に上り、根本中堂などを参拝。再び坂本へ戻り、坂本城趾、明智光秀像と回って、最終目的地の唐崎の松に着いたのは夕暮れ直前。
 tk氏の的確なナビのお陰で、見るべき所をじっくり見て帰阪。がんこ寿司のてっちりコースで一杯やって今日はおしまい。充実した休日でした。
a0010524_03915.jpg
 見事な石積みと紅葉が今の坂本の魅力。僕らの世代ではたぶん最も全国区な滋賀県の高校である「比叡山高校」を思いがけず発見したのも、今日の収穫でした
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-11-22 00:45 | 滋賀県

雄気堂々・渋沢家三代

 11月19日(金)
 しばらく前、天神橋筋商店街の小さな書店で平積みされていた城山三郎氏の「雄気堂々」(新潮文庫)を読んで、勢いがついたところで佐野眞一氏の「渋沢家三代」(文春新書)も読み終えました。
 この2作、読もう読もうと思いつつ、後回しにしたっきりでした。そもそものきっかけは、4年前の今頃、東京の「昭和のくらし博物館」で開かれた鮫島純子さん の原画展とトークです。鮫島さんがひょんなことから出版することになった「あのころ、今、これから…」(小学館)の考証を、同博物館の小泉和子館長に依頼したことから持ち上がったイベントでした。
 鮫島さんはこの本で、大正から昭和初期にかけての暮らしなどをほのぼのとした絵と軽妙なコメントを添えて記録しています。その原画を描いたのは、障子張りの残り紙などで、ともかく物を無駄にしない昔の生活が習い性になっている感じでした。トークでお会いした時、気さくで品のいい奥様だなあと思っていたら、実は「雄気堂々」の主人公・渋沢栄一のお孫さんとのこと。
 渋沢家の一族は毎月、会合があって、その場で栄一氏が各家の家計簿を点検したので無駄遣いはできなかったとか、家は大きくてお手伝いさんもいたけど、「子供のために雇っているのではない」と部屋の掃除や模様替えは自分でやったとか、我が国の資本主義の父たる栄一氏の家庭の実情についてのお話は、なかなか興味深い内容でした。
 その時、「渋沢家三代で、正しく伝えていただいた」といったことも話していたので、読んでみようかと思いつつ、4年もたってしまったのでした。
 2作とも、所々に鮫島さんの語ったエピソードを感じさせる場面が出てきますし、また鮫島さんのお人柄に、改めて「にこやかなる没落」を感じずにはいられません。
 朝日新聞の夕刊で吉村昭氏の連載小説「彰義隊」が始まり、いずれ栄一氏のいとこである渋沢喜作氏も登場するでしょう。吉村氏の重厚な筆致で、喜作がどのように描かれるのか楽しみです。
a0010524_12165116.jpg
      読書の秋も深まり、御堂筋の銀杏並木もだいぶ黄葉が進んできた
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-11-19 12:09

未来少年コナン

 11月18日(木)
 うかつにも先週末まで気づかなかったのですが、教育テレビで「未来少年コナン」の再放送が始まっていました。今日が第3回目。DVD保存に向けた録画予約は怠りなし。
 コナンが親友ジムシィと初めて出会うこの回は、何度見ても楽しい。10歳ぐらいまでの見知らぬ男の子同士が出会った時にやらかす、ホラの吹きあいのような口げんか、特技の自慢しあいっこ、競争、そして疲れた頃に何だか仲良くなってしまうというパターンが、実にうまく描かれています。
 この通りの経験をすることはまずないとしても、どこか一部ならたいていの人は経験したんじゃないでしょうか。SFアニメだった「未来少年コナン」(超磁力兵器で地球が壊滅するのはあと4年後だよ・・・)は、全編にわたってこうしたよき子供時代の共通体験がちりばめられているのが、魅力の一つでしょう。
 最初の放送は、確か高校2年生の頃だから、はや25年も前。演出=宮崎駿。今じゃすっかり巨匠が板に付いちゃってますが、その当時のインタビューなんか見ると、ほんとに普通の人です。
 奈良でまた、子供を巻き込んだ許せない事件が起こった日だけに、ノスタルジーに浸りきれない気分なのが残念でしたが。
a0010524_2174069.jpg
 「未来少年コナン」のヒロイン・ラナは鳥と話ができる少女だった(背景は淀屋橋)
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-11-18 21:11

卵の食い倒れ

 11月17日(水)
 タイトルは、サルモネラ菌中毒にかかった話ではありません。大阪の大衆的な飲食店における卵の重要性のことです。
 まったくの私見ですが、僕がよく行くようなお店、具体的に言えばランチが3ケタとか日替わり弁当が500円前後といったクラスで、大阪のお店が使う卵の量は東京よりも圧倒的に多いと思います。出てくる形は、だし巻き、目玉焼き、炒り卵等々ですが、ともかく卵を使ったおかず類が付かない方が珍しい気さえします。
 何だか「卵をふんだんに使っていないとケチくさいと見られる」といった無意識の恐れを抱いているんじゃないか、と思うほど。
a0010524_21222345.jpg
 今日、京阪電鉄主催の半日探訪「熊野詣 陸の出発地・八軒家船着場跡から適塾を訪ねて」の後、大阪市中央公会堂のレストラン「中之島倶楽部」でいただいたランチのオムライス(=写真)も、その例外ではありませんでした。
 チキンライスを包んだタイプで、デミグラスソース(携帯のカメラなので補正しても発色が悪い)をかけてあります。断面の形が∞状で、チキンライスが2層に分かれているのが凝っています。その分、卵の使用量も多いはず。中央公会堂のクラッシックな雰囲気も楽しめるこのオムライスが、たった680円とは・・・。本日の大いなる成果でした。
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-11-17 21:48 | 大阪市

龍馬祭

 11月15日(月)
 今日は坂本龍馬の命日。誕生日でもあります。
 かねてからの予定通り、龍馬の墓参りに京都・霊山の護国神社へ。去年の今頃は、この龍馬祭をもって在阪生活を締めくくるつもりでしたが、出向期間をもう1年延ばすことにしたので、改めて初心に返って勤労するのを誓う?ことに。
 あいにくの曇り空。龍馬と中岡慎太郎が並んで眠る墓前まで登っていった午後2時前には、小雨まで降ってきました。しかし、根強いファンの多いこと。小学生から女子大生まで、花を捧げる人も結構いました。僕なんぞ、下で線香を買ってくるのも忘れてたんですが。
 墓前祭は午後3時からでしたが、夕方からは勤務なので残念ながらそこまではいられません。それまでの間、境内では居合術の披露(斬られて暗殺された人の命日にふさわしいのか疑問でしたが)、「夢援隊」という劇団による寸劇といったイベントがありました。息が白くなったこの日、ありがたかったのは、中岡慎太郎の出身地・高知県北川村の有志の皆さんによる軍鶏鍋の振る舞い。大根や人参などがたっぷりで、骨付きの軍鶏肉がいい味でした。
 この軍鶏鍋を呼び込む若い女性の声が、また実に食欲をそそる感じでしたね。普段、どういうお仕事をしているのかわかりませんけど、デパ地下なんかの試食販売をやったら断トツの売り上げを記録するんじゃないかと思われます。
a0010524_16543469.jpg
 男女を問わず、こんな格好の人がたくさんいた。足下がブーツなのがさすが。
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-11-16 16:58 | 京都市

モネ展

 11月9日(火)
 正倉院展を見学した後、近くにある奈良県立美術館で開催中の「モネ 光の賛歌」へはしご。こちらはタダ券を確保していたのです。というより、こっちのタダ券あるが故に、正倉院展も見に来たのが正直なところです。
 僕のように、モネの作品といったら「印象 日の出」と「睡蓮」しか知らないという人にとっては、あるいは期待外れかもしれません。しかしながら、初期から晩年までを五つの時期に分け、その時期の作品を過不足なく展示しており、画家としての変遷がよくわかる点ではいい展覧会だと思います。
 ただ、一部の作品でライトの当て方が不自然なのが気になりました。具体的に言うと、額縁の枠の中に長円形の光が当たっているのがわかってしまうのです。理由があるのかわかりませんが、「光の賛歌」という副題にはふさわしくない感じです。12月5日まで。
a0010524_1984620.jpg
 この日はなぜか着物姿の女性が多かった。和服だと割引きでもあるんでしょうか。
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-11-14 19:10 | 奈良県