原谷苑

 今回の花見旅のお目当ては原谷苑。在阪当時は全く知りませんでしたが、最近になって旅行記事などでその名を見かけるようになりました。いわく「この世のものと思えぬほど」「一山全て枝垂桜」「ものすごい美しさ」と、絶賛の嵐。今年は早咲きから遅咲きまで満開が重なり、例年以上の美しさという。
 イノダを出て地下鉄で北大路駅まで行き、タクシーを拾って原谷苑までは10分ちょっと。金閣寺や龍安寺、仁和寺の裏山といった辺りにあり、料金は1300円前後でした。たまげたのは、対向車線がタクシーで渋滞していたこと。つまり、既に多くの人々が原谷苑に向かっており、客を降ろしたタクシーが列を成していたのです。
a0010524_19583022.jpg
 ご覧あれ、この見事な枝垂れ桜と人だかりを。個人所有の桜園とあって、入場料はその日の開花状況によって決まるのが面白い仕組みです。タクシーの運転手さんによると、600円から始まってだいたい200円刻みでアップするそうで、この日は1200円でした。
a0010524_204297.jpg 



 桜ばかりでなく、木瓜やレンギョウ、ユキヤナギもこの通り、真っ盛りを迎えていました。ほかにもシャクナゲなども咲いています。
a0010524_2085264.jpg









 こうなってくると、どう撮ったら美しさを伝えられるのか、さっぱりわかりません。全景を撮れる場所はないし…。飲食物の持ち込みは禁止ですが、売店で飲み物やおでんなどを買えば、所々に置かれている縁台に座って食べることはできます。一番いいのは、花見弁当などを予約して、桟敷席で食べながら花見をすることでしょうか。人込みを気にせずに楽しめるでしょうし。
[PR]
by maruyamamasaki | 2009-04-10 21:37 | 京都市


<< イノダコーヒ本店 はふう >>