国宝・三井寺展

 ルミナリエとバッテラ以外はこれといった当てもなく来てしまったのですが、阪急の広報紙「TOKK」を見ると、天王寺の大阪市立美術館で「国宝 三井寺展」が14日まで開かれているという。そういえば、しばらく前にNHKの新日曜美術館で放映していた。
 こういうイベント探しが簡単にできるのは、東京にはない京阪神のいい所だ。
 天王寺界隈は在阪当時、大阪市内では最もよく行った場所でもある。南方からは地下鉄御堂筋線で直通だけど、懐かしさもあって大阪から環状線に乗っていった。天王寺駅構内で三井寺展の前売り券を販売しており、即ゲット。こういうのも、東京ではみかけないサービスだ。
a0010524_2219483.jpg
 三井寺そのものは昨年の春に訪れたものの、金堂が修繕中だったことなどもあり、寺宝を拝見することはできませんでした。本展はそれを補える絶好の機会になります。
 といって何がわかるわけでもありません。経文を見ても、字が上手だなあって感心するだけだし。それにしても、平安年間の文書がよくこんなにきれいな状態で残っているものだと思う。
 三井寺中興の祖である円珍についての知識は皆無でしたが、なかなかすごい旅をしたものだと思う。唐へ行くつもりが台湾に漂着し、そこから入唐して天台山、長安などを訪ねて帰国。と書くと簡単だけど、今の時代でも結構な旅だし、それを難破しちゃうような船で出かけなければならないとなるとねぇ。中国語を覚えるのだって大変だし。そういえば、本展開催は円珍の帰朝1150年を記念してのこと。
 何と言っても、秘仏を一堂に拝めたのは素晴らしい。不動明王立像(黄不動=ゲートの写真の左側)を見ても、「これだけアクセサリーを身にまとうとなると、時間がかかって大変だろうな」なんて感想しか思いつきませんけど、でも普段見られないお姿を見られるのは、それだけで十分にありがたいと思います。
 東京には回ってこないのかと思っていたら、2月7日からサントリー美術館で開催するとのこと。
[PR]
by maruyamamasaki | 2008-12-11 21:18 | 大阪市


<< ついにこの日が! 鳴滝大根焚き >>