「祈りのかたち」

 9月15日(土)
 これといった予定はなく、いよいよ何もなかったら岸和田のだんじり祭を見物しようと思っていたのですが、前夜のオフで凄腕美女幹事さんから表題のイベント「祈りのかたち」に誘われ、行ってみることに。信心のかけらもない僕に理解できるかどうかはさておき、「琵琶盲僧の釈文」「かくれキリシタンのオラショ」「踊躍(ゆやく)念仏」を観る機会なぞ、この先めったにないだろうし。
 朝食兼昼食は、久しぶりに船場の「味万」のうどんと天むすと決め、本町から心斎橋筋を南下していくと、「臨時休業」。在阪当時からなぜか当たるんだよね、ここの臨時休業には。ならば、次善策?としてクリスタ長堀にあるインデアンカレーへ。まあ満足。
a0010524_2332186.jpg そもそも、国立文楽劇場に入るのは初めて。大阪暮らしを始めた2003年12月の末、黒門市場に来たついでに場所を確かめ、いつでも来られるからと油断しているうちに、結局行かず終いになってしまったのでした。
 午後1時に開演。「最後の琵琶盲僧」と呼ばれる宮崎・浄満寺住職の永田法順さんの釈文は、宗教的な物語を琵琶の音に乗せて語るもの。ある神様が亡くなった後に生まれた五男坊が、上の兄4人は春夏秋冬や東西南北を4等分してもらったのに、自分には何もないことに腹を立てて兄弟喧嘩をし、それを文撰大王という祈祷師が仲裁したといった話でした。
 プログラムを読めばそうだとわかりますが、ただ聞いていると「文撰大王、結構細かい奴だな」といった感想しか思いつかない情けなさ。「自民党に文撰大王みたいな人がいなくなって久しい」とか、俗世のことしか思い浮かばないしなー。
 「オラショ」とは「オラシオン(祈り)」がなまった言葉という。日本語、ラテン語、ポルトガル語の部分があり、長い口伝の末、今日では意味の分からなくなってしまった呪文として唱えられているそうです。この日は5人で唱えていましたが、きちんと唱和する必要はないそうで、聴いていると各人の口の回りで微妙な差があり、それが何だか輪唱のような感じもする、何とも不思議な響きでした。
 仏向寺(山形県天童市)の踊躍念仏は、鎌倉時代の踊り念仏を今に伝えるそうですが、これはイメージしていたのとは大違い。字からしてもっと激しく跳ね踊るのかと思いきや、動きはとにかくスローで、確かに動作はあるけど、「踊る」イメージとはほど遠いものでした。
[PR]
by maruyamamasaki | 2007-09-14 23:34 | 大阪市


<< 南禅寺 その後のあれこれ >>