造幣局の通り抜け

a0010524_1723187.jpg 4月14日(金)
 平日休みを利して、恒例の桜見物を楽しみに西下。あいにくパッとしない曇り空でしたが、見物客はまあいるわいるわ。先月、梅見ついでに造幣博物館に寄った時には、「通り抜けが始まる前に咲き終わっちゃうのでは」と心配したのですが、全くの杞憂でした。一部の早咲き種で散ってしまった桜はあったものの、数の多い「関山」はほとんど開花していなかったくらい。
 もっとも、通り抜け期間中だけで開花状況は結構変わるので、こちらの「造幣局・桜の通り抜け」をチェックするのがよろしいかと思います。といっても、18日でおしまいですが。
 「大川沿いのソメイヨシノが散った頃に通り抜けの桜を楽しむ」のが通例。でも、今年は大川の桜も散り始めとはいえ、まだまだきれいに咲いており、得をした気分です。
 (写真は、通り抜けの「今年の花」である大手毬)
[PR]
by maruyamamasaki | 2006-04-17 17:47 | 大阪市


<< 「寝ずの番」 花・彩・祭おおさか2006 >>