伝統芸能の世界

 10月19日(水)
 今月は水曜日の休みが多い。「伝統芸能の世界 能・狂言」という計5回の講座(阿倍野市民学習センター主催)が今月の水曜日の午後に行われるのを先月知って、応募したら見事当選。100席の教室が8割方埋まっていたから、結構な抽選だったのかもしれません。
 タダなのはもちろん、若手の能楽師や囃子方による実演と解説が盛り込まれているのが素晴らしい。能は一度も観たことがありませんが、初心者向けの講座なので十分に理解はできました。少し寝たけど。
 あれこれ問題はあっても、タダでそれなりに豊かな時間を提供してくれる大阪市政を、僕は多少評価しています。
 帰り道、今更ながら天王寺公園の前を通る道が谷町筋だと気づいた。ここを北上すれば天満橋に着く。電車ばかり乗っていて街の景色を知らないまま大阪を去るのも何だなと、試しに歩いてみることに。
 近代建築や史跡がないからあまり面白くなく、お腹も空いてきたので、途中で西へ折れて空堀商店街を抜け、松屋町筋、境町筋を突っ切って船場の「味万」で味噌カツ定食をいただく。「今日の一日はこのためにあったのだ」という満足感。
a0010524_20231876.jpg
   清楚なピンク色のジーンブーナはちょうど見頃を迎えていた(中之島公園)
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-10-19 20:38 | 大阪市


<< 時代祭 秋バラ >>