永平寺

 10月7日(金)
 福井に来た以上、永平寺へ寄らずに帰る訳にはいきません。とはいえ、夕方からは仕事なので、えちぜん鉄道とバスを乗り継いで駆け足参拝でした。
 観光客を案内する坊さんの話では、永平寺での生活すべてが修行とのこと。寝ることも、掃除も、風呂に入るのも、食事をするのも。起床は朝3時半だとか。
 「永平寺のよさは宿坊に泊まられた方がよくおわかりいただけると思います。次においでになられる時は、ぜひご宿泊を」と言ってましたが、惰弱な僕にはとてもじゃないけど無理です。
 国宝とか重要文化財が少ないせいもありますが、「修行僧以外は建物も仏様も何を撮っても構いません」とは、実に気前がいい。見学が許されている七堂伽藍はすべて廊下でつながっており、そこを靴を脱いだまま歩いて回るので、建物の外観は撮りにくかったですけど。
a0010524_21261412.jpg
 修行の成果でツルピカな階段。足の弱いお年寄りは手すりなしでは降りられない
[PR]
by maruyamamasaki | 2005-10-09 21:30


<< 橋本左内 北ノ庄城 >>