「白過ぎ城」にやって来た

 宿泊先のホテルNCBに着いたのは4日22時半過ぎ。NCBとは「中之島センタービル」の略称ですが、センターどころか西の端っこです。最寄りのJR駅は福島だし。
 このツアー、なぜか3か所のホテルの分宿で、一部は円山公園でお別れして寝屋川市内へ、NCB泊以外のお客さんはこの後、別のホテルへ向かい、翌朝はバスが各ホテルを回ってホテルNCBから出発することになっていました。
 これじゃ、ホテルNCBに泊まった人はいいけど、別の宿泊先だとそれでなくても到着は遅く、出発は早いことになります。企画したのは添乗員さんじゃありませんが、朝、バスに乗って彼が「ご不満はお伝えします」と言ったら、文句が出るわ出るわ。このスケジュールじゃ無理もありません。
 残念ながら、朝から雨。しかし、姫路に着いた頃には上がっており、この点はラッキーでした。
a0010524_10425573.jpg
 とはいえ、天守に登るまでは2時間30分待ちとのこと。並び始めが9時50分ぐらい。出発は14時だから、気長に並ぶしかありません。
a0010524_10453086.jpg
 これが整理券。今の時期は一日1万5000枚までの入場制限をかけています。
a0010524_10485416.jpg
 時たまポツリポツリと来る中、ひたすら待っている間に、城郭の見どころを案内してくれるボランティアの人たちの話が、とてもわかりやすくてよかったのでした。
 「石垣の色がなぜ上と下では違っているのか」の理由もその一つ。特に違う色の石を使っているのではなく、石垣自体が「扇の勾配」と呼ばれるように、裾が広がるような積み方をされているため、上の方は天守の屋根のおかげで雨が当たらないけど、下にいくほど雨がいつも当たるため、色の違いが生じるのだそう。知らなかった。
a0010524_10561280.jpg
 雨が降り始めた頃、天守内部に入り、ここでもだいぶ待った末、12時頃に最上部へ。
 「これじゃ白鷺城というより、白過ぎ城だよ」と揶揄されるほど、大天守の色が白く見えるのは、瓦にも施されている漆喰も理由の一つのようです。
a0010524_110316.jpg
 姫路城公園内の桜はまさに満開。晴れていれば大絶景なのですが…。この時間帯、雨が強くなっていました。今並んでいる人々に申し訳ないような気もしつつ、パノラマを楽しませてもらいました。
a0010524_1134210.jpg
 外へ出ると、雨はいったん止んでいました。桜と天守のベストアングルはいくつもあったのですが、その一つをアップしておきます。
 帰りの飛行機はJALでした。JALのいいところなのか、クルーによるのかはわかりませんが、ドリンクサービスでおかわりを積極的に勧めてくれるのは、貧乏性の僕にはうれしい限りです。
[PR]
by maruyamamasaki | 2015-04-05 20:28 | 兵庫県


<< 第5回大阪マラソン前夜祭 クタクタ花見行 >>