1年ぶりの謝罪

 昨年の大阪マラソン前々日の晩、在阪当時の職場の先輩にご馳走になり、いい気分になった勢いでホワイティ梅田にある「まるしげ」というお菓子屋さんで「呼吸チョコ」という面妖な名前のチョコレートのセットを職場のお土産に買いました。
 名前につられた「シャレ」のつもりだったのですが、これが「すごくおいしい!」と爆発的な好評で、「出向期間が長いと、さすがに人の知らない良いものを知っている」とまで株を上げてしまったのです。
 実はこの時、店のレジの打ち間違えで、支払額が小袋一つ分250円少なかったのです。レシートを見て気付いたのは帰ってからだったので、何かの機会で大阪に行ったら、店に寄って差額を払おうと思いつつ…。
 何かの機会は結局、今年の大阪マラソンまでなかったのでした。
 で、大阪マラソンのゼッケン受け取り前、ホワイティ梅田の「まるしげ」に寄り、今年も呼吸チョコを買った後、店の人の訳を話すと、「店長に相談してきます」と店の奥に。
 たぶん、典型的な大阪のおっちゃん風の人が出てくるのかと思ったら、榮倉奈々が30歳代になって芸能人を辞めたらこんな感じだろうといった雰囲気の女性が出てきて、「もう1年も前のことですし、こちらの打ち間違いが原因なのに、わざわざおっしゃってくれて、とてもうれしいです」と、支払いはご勘弁してもらえることになりました。
 悪い事しちゃったな~という思いは拭えないものの、榮倉奈々風の店長さんのご厚意に甘えることに。
a0010524_1353735.jpg

 これが「呼吸チョコ」。北新地のクラブでは定番だそうですが、あいにく行ったことがなくて…。
[PR]
by maruyamamasaki | 2014-10-25 22:35 | 大阪市


<< またしても飛行機を逃す 大阪マラソン前夜祭 >>