造幣局の通り抜け(写真は携帯電話のカメラ)

a0010524_1509.jpg
 4月8日
 今日から造幣局の通り抜けがスタート。泊まり明けの足で天神橋筋商店街を南下し、川べりの桜の下を歩きながら天満橋を目指すと、交通規制をしていた。初日の午前中だけにゆっくり見られたけど、休日なんかは止まっていられないんでしょうね。
 「桜の通り抜け」という言い方から、トンネル状に咲いたソメイヨシノの下を歩き抜けるのを想像していましたが、実際は何十種類もの桜が咲き競っているのを楽しむ感じ。それにしても、黄色い花とか、桃のような花とか、桜にもこんなに種類があるとは知りませんでした。警備員のおじさんに聞いたところ、121品種369本もあるそうです。せめてあと1回は見に来たい。
 せっかく近くまで来たので、OAPの38階展望台に上りました。通り抜けの期間中、イベント以外は閉じているホールを無料展望室として開放しています。元日の天空狂言以来になるけど、桜に彩られた水都の眺めは格別。ついでだから、お昼も同じフロアの「鶏高」でいただく。
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-04-19 15:01 | 大阪市


<< 蛤御門 城の日 >>