第2回大阪マラソン

 酔いざめしてからの眠れぬ夜(実際は、少しは寝てるんだろうけど)を過ごし、午前5時半に起床。おにぎり3個の朝食を済ませ、7時過ぎに更衣・荷物預け会場の大阪城ホールへ。ここに入ったのも初めて。
 ゴールはインテックス大阪なので、荷物預けはトラックなのですが、このトラックの配置が実にわかりづらい。トラックに二けたの番号が表示されており、それは五けたのゼッケン番号の上二けたかと思ったら、そうでもない。よく見ると、各トラックに表示されているゼッケン番号はかなり散らばっていて、自分の荷物を預けるのに相当時間を食ってしまいました。
 「ちばアクアラインマラソン」では、脚に疲れがだいぶ出ていた30キロ近くでトイレ待ちをしたことも影響して、その直後に両ふくらはぎにケイレンが始まったことを反省し、今回はスタートブロックに向かう前に2度、トイレに寄りました。しかし、この日はいわゆる「近い日」だったのかもしれません。冷え込んでいたせいもあり、ブロックで待ち始めてから実際に走り出すまでの55分で、またしても尿意がやってきたのです。スピーカーから流れてくる運動会音楽のレコードみたいな曲まで耳障りに思えたほどですが、これはスタート地点近くで生演奏していた大阪府警察音楽隊の生演奏でした。レコードみたいに上手いはずです。
 スタートしてからは、どこでトイレに寄るかばかりを考えていました。遅ければ前回の二の舞、早いと待ち時間が長い。結局、千日前通りのゆるい上り坂にあった4キロ過ぎのトイレが数が多そうだったので、ここで小用を済ますことに。
 しかし、結果として21分以上待たされたのでした。コースを走っている人はまばらで、ほぼ最後方といっていい。記録では、5キロ通過の順位は27900位!出走者28343人で…。
 あわててはいけないと思いつつ、やはり焦りがあるのか、5~10キロの御堂筋を北上して天満橋へ向かう辺りでは、キロ5分30秒とハーフマラソンのベストタイム時並みのラップを計時した区間もあり、落ち着いたのは10キロ過ぎから。
 この天満橋から北浜にかけては、僕にとっては「大阪中の大阪」。在阪当時によく歩き回った場所だけに懐かしい。走路が狭くなるとはいえ、わざわざ中央公会堂の前を通るコースになっているのは、個人的にはうれしいこと。
 再びの御堂筋を今度は南下する。平坦だと思っていた御堂筋が南へ緩やかに下っているのが意外でした。銀杏並木の色づきはピーク二歩手前ぐらいかな。ピークだと落ち葉で滑る人がたくさんいるだろうから、このぐらいで楽しめる方がいいのかもしれません。本当に好天、無風。気温はそれほど高くなっていないとはいえ、なるべく日陰を走る。
 なんばの交差点で千日前通りを西へ。既に京セラドーム大阪を折り返してきた多くのランナーとすれ違う。あの21分のロスがなければ、あっち側を走っていたのだろうかと、せんのないことを考えつつ、無用なペースアップを避けて、ひたすら走り続ける。
 コース前半は大阪の観光名所巡りになっていて、その「トリ」とでもいうべき通天閣は中間点付近でよく見えたはずなのですが、どうしたわけか全く視野に入ってくることなく通過してしまいました。
 後半のコースは、ほぼ在阪当時も来たことのない地域ばかり。住宅街だから行かなかったのは当然としても、そろそろ飽きというか(歩いちゃおうか)誘惑の来始める頃というか、そういった段階で、ほぼまっすぐ走りっぱなしの玉出地区での応援は温かく感じました。ハイタッチなんて、あれだけで走っている方は元気が出るから不思議なものです。
 30キロ通過。「今日は4キロ目で休んだんだから、実質的な『30キロの壁』は34キロだ」と言い聞かせ、実際ヘバリも来ない。32キロ過ぎ、北加賀屋地区でお楽しみの大エイドステーション登場。山ごぼう漬、おしんこ巻、かっぱ巻、あめちゃん、アイスきゅうり、稲荷寿司って、いったいどれだけ食べてるんだよ>自分。それでも最中の類は避けてるんだから、平均よりは少なかったんではないでしょうか。この区間、タイムロスは2分。
 レース終盤、最大の難所は37キロ過ぎにある南港大橋。高低差15mぐらいだそうですが、疲れた脚で上り切れるのか心配でした。ここでかかっていたのが映画「ロッキー」のテーマ曲。いかにも大阪らしい選曲ながら、これが気持ちに響いたというか(単純だね、我ながら)、おかげでスイッと上っちゃったのです。
 あと5キロ弱。もう「歩かない」目標は大丈夫だと確信していました。たた、午後1時半近くで気温が上がっており、ペースはやや落ちてきたものの、インテックス大阪のゴールを駆け抜けることができました。
 ネットタイム(=スタートラインを越えてからゴールまで)は5時間5分ジャスト。17331位。5キロ地点から1万人以上を追い抜いたことになります。自慢にならない大記録です、たぶん。
a0010524_1693688.jpg

 インテックス大阪のゴール地点。必死でゴールにたどり着こうとするランナーへの声援が熱かった。
[PR]
by maruyamamasaki | 2012-11-25 23:53 | 大阪市


<< 本当はS先輩のご苦労様会だった... その後の災難 >>