ザ・ワールドリンキング・ツリー2004

 12月6日(月)
 思えば、大阪に来た1年前には、自分がこれほど大阪を気に入るなんて想像もしていませんでした。最初のきっかけは昨年の今頃、8年半ぶりに再会した学生時代の友人と一杯やった後、夜の中之島を案内してもらったことだった気がします。
a0010524_23393245.jpg
 今年も市役所前で輝くこのワールドリンキング・ツリー(背景はライトアップされた日本銀行大阪支店)に始まって、土佐堀川沿いの遊歩道「みおつくしプロムナード」に煌めくイルミネーションを通り、ライトアップされた大阪市中央公会堂、ライオンの阿吽像がシンボルの難波橋、そして日本一長い天神橋筋商店街と延々と歩いたのですが、十分に大阪の奥深さを感じたんだと思います。
 あれから1年。やっぱりここのイルミネーションは魅力的です。もっと規模が大きくて華やかな光の演出は、ほかにたくさんありますが、手頃さとでも言うのか、気張らずに楽しめる点では、ここが一番ではないでしょうか。
 ちなみに、ワールドリンキング・ツリーというのは、ノルウェーから世界各都市に贈られる「愛と平和と友好のシンボル」だそうです。数ある大阪の巨大クリスマスツリーの中でも、格が違う感じがします。
a0010524_03548.jpg
 BGMに合わせて点滅する光の演出も楽しめる中之島イルミネーション・ストリート
[PR]
by maruyamamasaki | 2004-12-07 00:09 | 大阪市


<< 秋もおしまい 永観堂 >>